ホタテ

どんな料理でも主役をはれる貝の優等生!

あっさりとしたクセのない味わいとヘルシーさで、子供から大人まで誰もがおいしく食べられる海の幸。
刺身はもちろん、煮ても焼いても贅沢な旨みが感じられる、調理の手間が掛からないごちそう食材です。
低カロリー、高タンパクで疲労回復や貧血予防に効く健康をキープするための栄養素が豊富です。


おいしい見分け方

ホタテは貝の口がしっかりと閉まっていて、貝殻が欠けていないものが新鮮です。
貝が開いている狀態で売られている場合は、貝ひもが貝にしっかりとくっついているものが新鮮です。
貝柱のみで売られている場合は、ツヤと透明感があって厚みのあるプリッとしたものを選びましょう。
白く濁っていなく身が引き締まっていて、色は黃色みがかった飴色が良いです。

鮮度を保つ保存方法

購入したその日に食べ切ることをおすすめします。
冷凍保存をする場合、解凍する際は4~6時間くらいかけて、ゆっくり冷蔵解凍しましょう。
常溫解凍と電子レンジ解凍は旨みを損ないやすいので、急ぎの場合はホタテをポリ袋などに入れ、直接水がかからないようにしてから流水をあてて解凍しましょう。

お料理ひとくちメモ

生のホタテは下処理に手間がかからず、調理も簡単。オリーブオイルとレモン汁のシンプルなドレッシングで素材の旨みを引き立てたカルパッチョは、貝割れとピンクペッパーを散らせばオシャレな一皿になります。レモン汁をハーブソルトに代えてもおいしいですよ。
炒め料理では、ホタテとそら豆をごま油でさっと炒め、マヨネーズ、からし、酢、砂糖を混ぜ合わせれば、香ばしくぷりぷり食感がたまらない一品が、包丁いらずで作れます。
また、ガーリックソテーは簡単ながらも非常においしいので、ぜひ作ってみてください!ホタテに塩、こしょう、白ワインを振りかけておき、フライパンにたっぷりのオリーブオイルとスライスしたにんにく、鷹の爪をじっくり炒め、ホタテを加えてソテーしたらできあがり。きつね色に焼いたにんにくは、途中で取り出しておくとトッピングに使えます。
スパークリングワインやビールと一緒にいかがでしょうか。

旬の食材のおすすめレシピ